DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
02. 農学部 >
玉川大学農学部研究教育紀要 >
第2号 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/1001

タイトル: LED補光を用いた高品質ブドウ栽培技術の探索
その他のタイトル: Cultivation System for the Production of High-Quality Grapes by Using of LED Supplemental Irradiation
著者: 中里, 一貴
森, 直哉
渡邊, 博之
キーワード: アントシアニン
ピオーネ
圃場栽培
ポストハーベスト
夜間補光
発行日: 2018-03-08
抄録:  ブドウの品質は「重さ」「着色」「糖度」の3つの要因に大きく影響される。これらをよりよくするための夜間補光栽培の方法を明らかにすることを目的に、ピオーネを用いて実験を行った。本研究では夜間18時から24時まで野外圃場にて赤・青・赤青光の3種類のLED光源を、それぞれ葉の裏側、果実のみに時期を分けて補光し、さらに収穫後の果実に対し24時間のLED照射を行った。その結果、18時から24時までの夜間補光において、ブドウ果粒の生長第Ⅰ期からベレーゾン期にかけて、赤青光による葉の裏側からの補光で果粒の肥大効果が認められた。ベレーゾン期から収穫まで果房に対し赤色補光をすることで、果皮アントシアニン含量や果粒糖度の増加に期待できることが明らかとなった。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1001
ISSN: 2432-2164
出現コレクション:第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2_2017_17-27.pdf627.98 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください