DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
01. 学術研究所 >
玉川大学学術研究所紀要 >
第23号 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/1019

タイトル: 学生のニュース接触に関する考察―玉川大学「マスメディアと社会」受講生を通して―
その他のタイトル: A Consideration on University Student’s News Contact: Through Students Taking Courses Titled “Mass Media and Society” by Tamagawa University
著者: 中西, 茂
キーワード: ソーシャルメディア
メディアリテラシー
インターネット
ニュース
発行日: 2018-03-01
内容記述:   There has been a tendency to get news through Internet―especially social media-for University students. Under this situation, it is needed for students to have an interest in social movement before acquiring media literacy. From this point of view, I had asked students some quizzes on the latest news at the beginning of classes of “mass media and society.” As a result, I succeeded to some extent in habituating students to watch news. However, in order to deepen their understanding of the news, we must look more carefully into the acquisition of the news.
URI: http://hdl.handle.net/11078/1019
ISSN: 1341-8645
出現コレクション:第23号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
11_2017_1-5.pdf268.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください