DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
06. 論叢:教育学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/132

タイトル: 学士課程及び修士課程における教員養成の考察
その他のタイトル: Teacher Education in Bachelor and Master Courses: Comparison with Japan and Germany
著者: 坂野, 慎二
キーワード: 教員養成
教師教育
教員の資質能力
発行日: 2014-03-31
抄録: 本稿は,教員養成の質保証に必要な内容・方法について,ドイツのそれとの比較検討を行う。ドイツでは,1999年以降のボローニャ・プロセスによって,教員養成は国家試験による一貫型教員養成課程から,学士課程と修士課程による段階型教員養成課程へと多くの州で変化してきた。国家試験による一貫型教員養成から段階型教員養成へと変化することにより,どのような変更が加えられたのかを吟味する。ドイツの教員養成課程は実習がより重視されるとともに,教科指導法における理論と実践の融合が重要視されている。教職課程はモジュール化され,コンピテンシー(諸能力)を保証するシステムへと変化しつつある。
URI: http://hdl.handle.net/11078/132
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:06. 論叢:教育学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2013_25_46.pdf495.7 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください