DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
04. 経営学部 >
論叢:玉川大学経営学部紀要 >
第30号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1329

Title: 戦略研究における定性的分析の可能性と課題
Other Titles: On the Possibility and Problems of a Qualitative Analysis in a Strategy Research
Authors: 芦澤, 成光
Keywords: 定性的方法
戦略
戦略プロセス
戦略実践
過程追跡
Issue Date: 2019-03-20
Abstract:  戦略研究の分野では,従来から統計的な分析が中心的な方法として利用されてきた。しかし環境変化の進展する中で,どのように環境変化に対応し,戦略を転換するのかという問題については,統計的な方法では分析困難になっている。この課題に対し,社会科学分野,特に政治学分野で利用されてきている過程追跡の方法を取り上げ,戦略研究分野の定性的研究への適用上の可能性と課題を検討する。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1329
Appears in Collections:第30号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
4_2018_1-15.pdf4.53 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback