DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
06. 芸術学部 >
芸術研究:玉川大学芸術学部研究紀要 >
第10号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1351

Title: 《展覧会の絵》に施したウラディミール・ホロヴィッツの妙技―《展覧会の絵》ホロヴィッツ版の考察―
Other Titles: Vladimir Horowitz’s Virtuosity Given to “Pictures at an Exhibition”―A Study on “Pictures at an Exhibition” Arranged by Horowitz―
Authors: 津島, 圭佑
Keywords: ホロヴィッツ版
ピアノ編曲
モデスト・ムソルグスキー
展覧会の絵
Issue Date: 2019-03-31
Description:  20世紀を代表するピアニストであるウラディミール・ホロヴィッツ(1903-1989)は、モデスト・ムソルグスキー(1839-1881)が作曲した《展覧会の絵》を大きく改編した。本稿は、ホロヴィッツが行った改編の具体的な内容を示し、その編曲技法が示唆するものを明らかにすることが目的である。幾つか存在する録音資料の中から参考となる音源を選出し、音のみならず、ペダリングやデュナーミクまで慎重に採譜した。ホロヴィッツが用いた編曲技法は5 項目に分類され、それらは演奏家が会得すべき音感――音や音楽に関する諸性質を把握する感覚――を再認識させるものであった。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1351
ISSN: 1881-6517
Appears in Collections:第10号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
6_2018_13-28.pdf4.79 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback