DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
06. 芸術学部 >
芸術研究:玉川大学芸術学部研究紀要 >
第10号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1352

Title: プロコフィエフ《ピアノ・ソナタ第8番》Op.84における抒情性について
Other Titles: On the Lyricism of Prokofiev’s “Piano Sonata No.8” Op.84
Authors: 林, 京平
Keywords: プロコフィエフ
《ピアノ・ソナタ第8番》
抒情性
Issue Date: 2019-03-31
Description:  プロコフィエフ作品の魅力は、近代感覚にあふれたダイナミズムであり、また新古典主義的な明瞭さと抒情性豊かな旋律である。ダイナミズムは、ピアノを打楽器的に活用することによって生まれる激しい動的なリズムと不協和音で表されている。抒情性は、特に彼の後期の作品に強く表れていると言われている。実際にプロコフィエフの作品を演奏してみると、彼の後期の作品には、初期の作品に比べ、抒情的な深まりが強く感じられる。また、近代的な要素やトッカータ的な要素が抒情性に支えられて、より効果的に機能しているように思われる。  本研究では、後期の《ピアノ・ソナタ第8 番》Op.84 を取り上げ、プロコフィエフの抒情性に焦点を絞り分析する。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1352
ISSN: 1881-6517
Appears in Collections:第10号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
6_2018_29-41.pdf4.09 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback