DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
06. 芸術学部 >
芸術研究:玉川大学芸術学部研究紀要 >
第10号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1353

Title: 連環画における絵画的魅力―趙宏本・銭笑呆『孫悟空三打白骨精』―
Other Titles: The Picturesque Appeal in Chinese Lianhuanhua ―Zhao Hongben and Qian Xiaodai’s“ Journey to the West: Monkey King Thrice Beats White Bone Demoness”―
Authors: 髙橋, 愛
Keywords: 連環画
絵本

魅力
Issue Date: 2019-03-31
Description:  連環画は、中国の書物である。現在では、復刻版や再編集版が書店で手に入る。以前に発行されたものは、古本屋や骨董品屋で手に入れることができる。日本では、絵本や漫画として紹介されている。連環画とは何か。まだ言及し尽くされていない。本稿では、画家の描く連環画の絵の魅力について取り上げた。絵の魅力を発見できるであろうと趙宏本・錢笑呆の『孫悟空三打白骨精』の連環画を例とした。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1353
ISSN: 1881-6517
Appears in Collections:第10号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
6_2018_77-86.pdf3.63 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback