DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
01. 文学部 >
論叢:玉川大学文学部紀要 >
第59号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1355

Title: 授業で得た情報の統合の過程―Scratch-Build概念マップの変化を通して―
Other Titles: The Process of Integrating Information Received in a University Class to a Knowledge Structure: Analysis Using Scratch-Build Concept Maps
Authors: 宇井, 美代子
茅島, 路子
市村, 美帆
林, 雄介
平, 嶋宗
Keywords: 知識の統合
学習の過程
概念マップ
Issue Date: 2019-03-31
Abstract:  本研究では,2015年度から2018年度に開講された貧困とその支援をテーマとする大学の人文科学系のオムニバス授業において,複数回作成されたScratch-Build概念マップの命題の種類から5つの類型に分類し,作成を経るごとにどのように類型が変化するのかを検討した。その結果,作成を経るごとに,授業で提供された概念と受講者が独自に作成した概念とを結びつけた命題の割合が多いScratch-Build 概念マップを作成するようになる受講者が多いことが示された。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1355
ISSN: 0286-8903
Appears in Collections:第59号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
1_2018_1-15.pdf2.93 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback