DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
01. 文学部 >
論叢:玉川大学文学部紀要 >
第59号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1364

Title: 『枕草子』「うつくしきもの」の〈落とし穴〉―類聚的章段の〈読みのベクトル〉―
Other Titles: Analytic pitfalls found in “Endearingly lovely things” in Makura no soshi: Reconsideration of strategic directional approach to analysis is needed to avoid pitfalls in interpretation of classic chapters.
Authors: 中田, 幸司
Keywords: 枕草子
類聚的章段
古典教育
〈読みのベクトル〉
Issue Date: 2019-03-31
Abstract:  『枕草子』「うつくしきもの」に言語学のレトリックである列叙法を応用し、〈題目〉と〈項目〉のかかわりと、〈項目〉の機能について論じた。また、現行の高等学校古典教育において問われる「共通性」の読み取りには大切な前提が見落とされていることを提起し、多様化社会における古典教育に資する新たな〈読みのベクトル〉の必要性を示した。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1364
ISSN: 0286-8903
Appears in Collections:第59号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
1_2018_90-102.pdf818.06 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback