DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
06. 芸術学部 >
芸術研究:玉川大学芸術学部研究紀要 >
第10号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1366

Title: A. ベルク《抒情組曲》の象徴的含意と作曲技法―第6楽章(声楽パート付)の歌曲的視点からの考察―
Other Titles: Symbolism and Compositional Technique in Alban Berg’s Lyrische Suite―A Study of the Sixth Movement (Vocal Version) from the Perspective of Lied―
Authors: 今野, 哲也
Keywords: アルバン・ベルク
《抒情組曲》
12 音技法
シュテファン・ゲオルゲ
シャルル・ボードレール
Issue Date: 2019-03-31
Description:  《抒情組曲》の第6 楽章に「歌」が隠されていたことが明らかにされて以来、多くの研究がなされてきたが、A.ベルクが得意とする歌曲の観点からの検証は、あまり例を見ることがない。本研究の目的は、筆者におけるベルクの歌曲研究の一環として、第6 楽章の「歌」を掘り下げ、分析することにある。  「歌」は、C. ボードレールの『悪の華』の「深淵より叫ぶ」を、S. ゲオルゲがドイツ語訳したものを歌詞としており、晩年のベルクと親しい間柄にあったハンナ・フックス夫人に密かに送られたものである。ここでは[H]anna[F]uchs、そして[A]lban[B]ergの頭文字や、[10](ハンナの数)と[23](ベルクの数)などが重要な象徴となる。たとえば、音列の配列方法などにも音名象徴が活用されており、楽曲の核とも言える「鏡像部分」の境目は、第23 小節となる。こうした表現手法は、青年期から磨き上げてきた、ベルクの歌曲作家としての手腕に起因するものと本研究は考える。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1366
ISSN: 1881-6517
Appears in Collections:第10号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
6_2018_59-76 .pdf3.55 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback