DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
05. 教育学部 >
論叢:玉川大学教育学部紀要 >
18 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1376

Title: ユネスコの地球市民教育が追究する能力 ―グローバル時代における価値教育の新たな展望―
Other Titles: Skill Analysis for Global Citizenship Education (GCED) of UNESCO: Prospect of Values Education in the Age of Globalization
Authors: 小林, 亮
Keywords: 地球市民教育(GCED)
ユネスコ
多元的アイデンティティ
葛藤解決能力
視点取得
対話
Issue Date: 2019-03-31
Abstract:  地球市民教育(GCED: Global Citizenship Education)は,国連の専門機関ユネスコがESDとともに主幹教育プログラムとして位置づけている重要課題である。本論文は,認知面,社会情動面,行動面で地球市民性に求められる能力を分析しながら,地球市民教育が多元的アイデンティティの育成を通じて,視点取得と対話のスキルに基づく国際的な葛藤解決能力の開発に向けた効果的なアプローチであることを論証することを目的としている。日本人としての国民アイデンティティと地球市民アイデンティティが矛盾なく共存しうるだけでなく,グローバル人材として必要な複眼的思考の獲得のために自己の多元性が有効であることが議論された。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1376
ISSN: 1348-3331
Appears in Collections:18

Files in This Item:

File Description SizeFormat
5_2018_19-32.pdf3.58 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback