DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/138

タイトル: 中小企業の被支配性に関する一考察
その他のタイトル: A Study on the Dominance of Small and Medium-Sized Enterprises: Around the Discussion “Problem of (Subcontracting System)” on Small and Medium-Sized Enterprises
著者: 長谷川, 英伸
キーワード: 中小企業
被支配性
独立性
効率性
発行日: 2014-03-31
抄録: 本稿では,中小企業の存立に関する諸理論の一体系に位置する「中小企業問題性(下請制)」論に関して考察している。「中小企業問題性(下請制)」論では中小企業と大企業の取引関係において収奪関係等が成り立ち,さらに中小企業の存立基盤自体が脆弱であるにもかかわらず,何故中小企業の存立維持が可能なのかについて議論されている。日本における「中小企業問題性(下請制)」論は中小企業の存立に関して「資本の節約」,「景気のバッファー」,「賃金格差」のような否定的な議論が多いが本稿では「中小企業問題性(下請制)」論の各学説を比較検討し,中小企業の存立に関して肯定的な議論に注目し,中小企業の存立維持を可能とする要因を明らかにしていく。
URI: http://hdl.handle.net/11078/138
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2013_15-28.pdf379.75 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください