DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
02. 農学部 >
玉川大学農学部研究教育紀要 >
第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1385

Title: 箱根自然観察林に生息する野生動物 ―特にツキノワグマについて―
Other Titles: Field Record of Wild Animals in the Experimentally Forest in Hakone: Especially for Asiatic Black Bear
Authors: 關, 義和
Keywords: 絶滅危惧
ニホンジカ
野生動物管理
レッドデータブック
Ursus thibetanus
Issue Date: 2019-03-30
Abstract:  本調査報告では、神奈川県箱根町南部に位置する箱根自然観察林におけるツキノワグマとその他の哺乳類の生息(關・鈴木 2018)について概説する。2017 年の5 月から10 月にかけて本地域の15 地点に自動撮影カメラを設置した結果、ツキノワグマを含む12 種の哺乳類(ネズミ類とコウモリ類を除く)が撮影された。箱根町南部においてツキノワグマの生息が確認されたのは戦後およそ70 年ぶりとなり重要な発見となった。また、県内におけるツキノワグマのこれまでの分布変遷と本研究結果から、県南西部における本種の分布域は徐々に回復傾向にあることが明らかとなった。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1385
ISSN: 2432-2164
Appears in Collections:第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2_2018_39-42.pdf2.64 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback