DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
06. 芸術学部 >
芸術研究:玉川大学芸術学部研究紀要 >
第11号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11078/1443

Title: シュパイヤー大聖堂の小型ギャラリー―象徴的意味と宗教上の機能について―
Other Titles: The Dwarf Gallery of Speyer Cathedral ―A Study on Its Symbolic Meaning and Religious Function―
Authors: 小倉, 康之
Keywords: シュパイヤー大聖堂
小型ギャラリー
小人ギャラリー
ロマネスク建築
Issue Date: 2020-03-31
Description:  ロマネスク建築を特徴づける建築要素の一つは「小型ギャラリー」である。中でもシュパイヤー大聖堂の小型ギャラリーは、最も美しく完成度の高いものとして名高い。本稿では、その象徴的意味と宗教上の機能についての考察を行う。これまではイタリアのロンバルディア地方が小型ギャラリーと盛期ロマネスク建築の起源であると言われてきた。しかし、トリーア大聖堂とシュパイヤー大聖堂では、ロンバルディア地方よりも半世紀以上も早くこの建築要素が用いられた。また、小型ギャラリーは単なる装飾的要素であると捉えられてきたが、皇帝崇拝や聖遺物の顕示の儀式と結びつき、宗教上・政治上の機能、および象徴的意味を有していたと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/11078/1443
ISSN: 1881-6517
Appears in Collections:第11号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
6_2019_1-15.pdf3.98 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback