DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
09. 観光学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/159

タイトル: “食”の「物語」を活かした「フード・ツーリズム」に関する一考察―北フランスにおける地域産品を活かした「フード・ツーリズム」を事例に―
その他のタイトル: Study of Food Tourism by story marketing
著者: 秋山, 綾
キーワード: フード・ツーリズム
物語マーケティング
北フランス
地域産品
発行日: 2014-03-31
抄録:  観光商品において“食”は重要な目的地選択の要因となりうるが,その際,観光者は,単に「食べ物」に興味があるだけでなく,その「食べ物」が語る地域の「物語」を「食べる」という行為を通して,追体験する「たのしみ」を消費している。地域振興において,地域の伝統的な食文化やB級グルメといった新しい名物の開発において,観光者が喜ぶ「物語」を用意し,「食べ物」を提供することにより,観光者の目的地選択における優先順位を上げることが可能となる。フランス北部のワインの産地では,「物語マーケティング」によるワインとワインにあった地域産品を活用した「フード・ツーリズム」が盛んである。  本研究では,日本人向けに発売されている「フード・ツーリズム」商品に参加し,分析することで,マーケットに提供されている情報と商品の関係について考察する。
URI: http://hdl.handle.net/11078/159
出現コレクション:09. 観光学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
8_2013_55-61.pdf267.22 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください