DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
01. 論叢・文学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/170

タイトル: 2013 年度「人間学特殊研究」実践報告―フィールドワークを導入した授業デザイン―
その他のタイトル: Designing The “Special Studies on Humanities” Class with Fieldwork, 2013
著者: 小田部, 進一
宇井, 美代子
茅島, 路子
キーワード: 授業デザイン
フィールドワーク
学習意欲
問題解決能力
発行日: 2014-03-31
抄録: 本調査は,2012年度に引き続き,玉川大学文学部における「人間学特殊研究」の授業とそ の授業評価アンケートを手がかりに,フィールドワークを導入した授業デザインについて検討 したものである。2013 年度の授業では,2012年度の実践の検証に基づき,フィールドワーク 後に受講生が体験を意識化し,学習理解をより深めることができる講義を用意するという授業デザインの大幅な改善を行った。今回の調査では,授業全般に対する評価以外に,改善された授業デザインに対する受講者の評価についても調査し,分析している。調査結果は,改善された授業デザインが,受講者から概ね積極的な評価を受けていることを具体的に示している。しかし,同時に,問題解決能力の育成に向けて,フィールドワークと大学での授業のより効果的な結びつきの構築という,今後の課題も明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/11078/170
ISSN: 0286-8903
出現コレクション:01. 論叢・文学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1_2013_1-27.pdf894.17 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください