DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
01. 学術研究所 >
01. 学術研究所紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/174

タイトル: 位相マスク型光通信量子暗号の実験評価に向けた基礎研究
その他のタイトル: Basic research for experimental demonstration of quantum stream cipher by phase mask modulation
著者: 二見, 史生
相馬, 正宜
加藤, 研太郎
政田, 元太
キーワード: 波長分割多重方式
光通信量子暗号
Y-00
発行日: 2014-03-31
抄録: 暗号学のシャノン限界を超越する暗号の実現を目指し,位相マスク型の光通信量子暗号について研究を行った.回折格子による分光と液晶素子がアレイ状に並んだアレイ型液晶空間光変調器を使うことにより,信号の周波数成分別に位相を変調できることを利用し,実際の光部品で実現可能な周波数分解能を算出し,高速信号に対してどの程度の自由度で位相変調可能か明らかにした.
URI: http://hdl.handle.net/11078/174
ISSN: 1341-8645
出現コレクション:01. 学術研究所紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Fumio Futami_2013_1-4.pdf1.66 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください