DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/176

タイトル: 新潟県のモノづくり中小製造業における戦略とコミュニケーション,そして支配的論理
その他のタイトル: The Relationship between dominant logic, strategy and communication methods in Five small and medium production enterprises in Niigata prefecture
著者: 芦澤, 成光
キーワード: 支配的論理
戦略
コミュニケーション
発行日: 2015-01-31
抄録:  本稿は,新潟県の長岡,燕,三条地域に本社を置くモノづくり中小企業5社を対象としてインタビュー調査を行い,2つの仮説についての検証結果を明らかにしている。第1の仮説は,戦略は経営者の形成してきた支配的論理(持論)を用いたアナロジーによって形成されている。第2の仮説は,その支配的論理はまた,コミュニケーション方法の形成にも反映されている。以上2つの仮説について,経営者とのインタビュー記録からの解釈によってその検証を行っている。検証の結果,2つの仮説は検証された。しかしあくまでも5社についての分析であり,さらにその分析対象を増やす必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/11078/176
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2014_1-15.pdf396.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください