DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/177

タイトル: 沖縄県久米島の観光振興における若者の意識に関する考察
その他のタイトル: A Study on the Consciousness of Young People in the Tourism Promotion of Kumejima, Okinawa
著者: 折戸, 晴雄
秋山, 綾
キーワード: 久米島
「ALL久米島」
若者の巻き込み
発行日: 2015-01-31
抄録:  沖縄県の入域観光客数は,東日本大震災の影響による落ち込みから順調に回復傾向にあり,平成24年度には592万人,観光収入は3,997億円となった。県内離島への入域観光客数も増加傾向にあり,石垣島,宮古島は人気の観光地として知られている。日本へのインバウンド観光の好調な成長,地理的好条件などを含め,今後も沖縄は注目され,入域観光客数の増加,各離島におけるリピーターの争奪戦が予想される。  県内離島へのまなざしは,久米島にも向けられ,入域観光客数は増加傾向にある。久米島の入域観光客数は,2011年には約81,212人にまで落ち込んだが,その後は回復傾向にあり,2013年には86,298人を記録し,2014年には年間約9万人以上の入域観光客数が予想されている。  町では「久米島町第一次久米島総合計画 後期基本計画 豊麗のしま―久米島(平成21年度?平成25年度)(以下,基本計画)」を策定し,観光振興に力を注いできた。「基本計画」の実施年度が終了した現在,今後の観光振興では,他の離島との差別化を図り,久米島へのリピーターを狙うために,ソフト面での事業の実施が急務である。事業における役割を整理し,住民が一丸となり「ALL久米島」として事業を実施しなければならない。先行研究において,町民は観光振興の重要性は認識しているが,“当事者意識”は低く,町民の「巻き込み」が必要となることを明らかにしてきた。  本研究では,「ALL久米島」の一員として,高校生の観光振興への参加が鍵になるとし,町内唯一の沖縄県立久米島高等学校(以下,久米島高校)生に久米島における観光振興について,アンケート調査をし,考察した。  久米島高校生は,島に愛着を持っており,町内での生活を希望する生徒も確認された。海洋資源以外にも「久米島マラソン」などのイベントや,久米島紬といった伝統工芸品も,島のアピールポイントと認識されている。観光振興に対するメリットは認めているものの,デメリットについての認識はステレオタイプで,町による観光政策についての認知度,関心は低い。  久米島町の観光振興を継続的に実施していくためには,次世代の町民の観光振興への参加が必要であり,将来のプレイヤーとして育成する必要があることが明らかになった。今後の研究では,高校生だけでなく子どもたちを「巻き込む」仕組みについて,検討する必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/11078/177
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2014_17-28.pdf822.3 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください