DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
06. 論叢:教育学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/18

タイトル: 幼稚園における満3歳児就園の現状と課題 : 都道府県の実施状況を中心として
その他のタイトル: Present Condition and Future Assignment of Pre-3years Old Enrollment in Kindergarten : Based on Present Practice of Prefectures
著者: 田澤, 里喜
キーワード: 幼稚園
満3歳児就園
地域
幼保一体
発行日: 2012-3-31
抄録:  満3歳児就園とは,3歳の誕生日を迎えた月より幼稚園に入園できる制度である。平成11年当時の文部省が翌年度の予算より,満3歳児を補助金の対象としたことにより満3歳児就園を実施する幼稚園が増えてきた。満3歳児就園は,少子化や幼稚園の園児の減少など,子どもの育ちより行政や幼稚園の経営的側面から検討されることが多い。現在,満3歳児就園を行う幼稚園は増え,地域によっては重要な役割を果たすまでになってきている。しかし,その現状や地域における状況においてはあまり研究されているとは言い難い。本研究では,満3歳児就園が行われるようになった時代的背景を明らかにし,現在の実施状況を都道府県別に考察,検討をする。そして,それぞれの地域における満3歳児就園のあり方を検討し,今後の課題を明らかにする。
URI: http://hdl.handle.net/11078/18
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:06. 論叢:教育学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2011_19_35.pdf978.11 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください