DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
09. 観光学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/190

タイトル: Application of Structure equation modeling in empirical accounting research: The re-investigation of the determinant in the depreciation period of the negative goodwill
著者: Naoki, KOBAYASHI
キーワード: negative goodwill
structure equation modeling
発行日: 2015-03-31
抄録:  In this study, I tried re-inspection by the structure equation modeling that reflects reality more in consideration of the theoretical relations among independent variables, depending on Takahashi (2011). As a result of this analysis, the possibility that the bigger a company is, the longer depreciation period of the negative goodwill is, was suggested.
URI: http://hdl.handle.net/11078/190
ISSN: 2188-3564
出現コレクション:09. 観光学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
8_2014_59-68.pdf238.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください