DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
07. 芸術研究:芸術学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/202

タイトル: 小学校低学年の歌唱指導における「どなり声」の解消法に関する考察 ―実践事例に見られる傾向について―
その他のタイトル: A Consideration of Methods to Prevent “Shouting” in Voice Education for the Lower Grades of Elementary School ―Tendencies Found in Field Studies―
著者: 奥田, 順也
キーワード: 低学年
歌唱指導
どなり声
地声
発行日: 2015-03-31
抄録:  小学校低学年の歌唱指導において、「どなり声」による歌唱が問題となる場合が多い。「どなり声」は歌唱表現に適さないだけでなく、声帯を傷つける可能性があり身体的な危険を伴うことから、「どなり声」に関する先行研究は数多い。しかしながら、低学年における歌唱活動に対する考え方は一定の見解を得ておらず、その指導法も様々であった。  そこで本研究では、「どなり声」の解消法についての先行研究を検討し、分類することによって、指導法に大きく二つの傾向が見られることを明らかにした。その上で、低学年の歌唱指導に必要と考える条件を三つ提示し、これらの条件をもとに「どなり声」の解消法に対する基本的な考え方を提案した。
URI: http://hdl.handle.net/11078/202
ISSN: 1881-6517
出現コレクション:07. 芸術研究:芸術学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6_2014_11-20.pdf315.88 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください