DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
06. 論叢:教育学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/208

タイトル: 大学生のテキスト読解場面における情報の選択と関連づけに関する考察
その他のタイトル: A Study on University Students’ Selection and Meaningfulness of Information in Text Reading
著者: 魚崎, 祐子
キーワード: テキスト読解
スキーマ
有意味化
先行オーガナイザー
発行日: 2015-03-31
抄録:  大学生100名を対象として,テキストを読む上でどのような情報を選択し,整理しているのか,また授業内で扱われた他の情報とどのように関連づけを行っているのかを検討するための実験を行った。その結果,学生たちはテキストの中から必要な情報を選び出すとともに,それらの情報を整理しようとしていることや,既に学んだ内容と関連づけをしながら読んでいるということがうかがえた。しかし,情報の正しい解釈ができていない学生や,テキスト内容を忠実に整理することのできていない学生の存在も明らかになった。また,テキスト内の情報とその他の授業内容との関連づけについては,先行オーガナイザーとしてテキスト内容を捉える上での枠組みを定めることによって多様な関連づけを阻害する可能性があるとともに,一方,多様な関連づけを試みることにより適切でない情報と関連づけてしまう可能性も示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11078/208
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:06. 論叢:教育学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2014_1-13.pdf264.15 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください