DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/226

タイトル: 南さつま市の観光振興における若者の位置づけに関する考察
その他のタイトル: A study about the involvement of the youth in the Tourism Promotion of Minamisatsuma, Kagoshima
著者: 折戸, 晴雄
秋山, 綾
キーワード: 「着地型観光」
「ショッピングモーライゼイション」
観光振興における若者
発行日: 2015-03-31
抄録:  観光振興による地域活性化を目指す自治体は少なくない。マスツーリズムの達成から時代が流れ,「着地型観光」が注目されている。地域住民の生活そのものが「観光資源」になりうるため,地域住民の参加を促しやすいからだ。しかし,実際に観光振興を実施しようとすると,さまざまな問題にぶつかる。特に,地域住民の高齢化は深刻な問題で,「観光振興に参加したいが,難しい」という状態になってしまう場合がある。  現在の若者は,以前のような「刺激的な大都市」に憧れることはなく,「ほどほど楽しい地方都市(以下,地方都市)」での安心した生活を希望していることが多い。これは,郊外から「ショッピングモーライゼイション」が浸透し,「地方都市」にいても,情報や商品は手に入り,ショッピングモールでの「自己表現」も満たされるからである。このような状況は,地方にとって,大きなチャンスである。  以前は,若者の流出に悩んでいた地方だが,若者が比較的地域に残る意志があるのであれば,彼(女)らが,観光振興のメインプレイヤー,または,その地域への観光客として地域を支える“地域サポーター”としての役割を担う可能性がある。  本研究では,「つまらない地方」と「ほどほど楽しい地方都市」の間に位置する鹿児島県南さつま市において,市内の3高校(鹿児島県立加世田高校,学校法人 希望ヶ丘学園 鳳凰高校,鹿児島県立加世田常潤高校)の高校生にアンケートを実施し,3高校の高校生たちが今後の観光振興において,役割を果たす可能性について考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11078/226
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2014_39-52.pdf800.6 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください