DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
07. 芸術研究:芸術学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/229

タイトル: 小学校音楽鑑賞会の実践的アプローチ ―聴いて、歌って、感じて、楽しんで―
その他のタイトル: The Practical Approach to Musical Appreciation at Elementary Schools ―Listening, Singing, Feeling and Enjoying―
著者: 小佐野, 圭
キーワード: 2台ピアノ
デュオ
音楽鑑賞活動
学習指導要領
指導計画
発行日: 2015-03-31
抄録:  本稿は2014年10月3日に川崎市立M小学校(全校生徒数1140名)からの依頼により開催された「〈デュオおさの〉ピアノ1台4手の連弾と2台ピアノの演奏による音楽鑑賞会」の報告である。  鑑賞会のテーマを「聴いて、歌って、感じて、楽しんで」とし、演奏を聴くこと(聴覚)だけでなく、児童生徒の視覚や体感も意識したプログラム構成とした。連弾と2台ピアノのレパートリーから様々な国の作曲家と特徴的なリズムや緩急の作品を選び、児童生徒の歌と2台ピアノの共演も行なった。  今後、音楽鑑賞会を企画する指導者、またゲストティーチャーとして招かれた場合の指導の指針となれば幸いである。
URI: http://hdl.handle.net/11078/229
ISSN: 1881-6517
出現コレクション:07. 芸術研究:芸術学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6_2014_43-46.pdf307.87 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください