DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
04. 工学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/245

タイトル: 微分方程式の境界値問題への半順序集合における不動点定理の2つの適用例
その他のタイトル: Two examples obtained by using a fixed point theorem in partial ordered sets to boundary value problems for differential equations
著者: 豊田, 昌史
渡辺, 俊一
キーワード: Fixed point theorem
partially ordered set
boundary value problems
発行日: 2015-3-31
抄録: In this paper, we apply a fixed point theorem in partial ordered set [17] to two boundary value problems for differential equations. First problem is a boundary value problem for fourth order differential equations. Second problem is a boundary value problem forαorder differential equations with 3<α?4.
URI: http://hdl.handle.net/11078/245
ISSN: 0371-5981
出現コレクション:04. 工学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3_2015_67-78.pdf1.31 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください