DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/251

タイトル: ドラッカー(P.F.Drucker)経営学における経営と芸術の関係性
その他のタイトル: The Relationship between Management and Art in Thought of P. F. Drucker
著者: 芦澤, 成光
キーワード: 知覚
芸術
経営
構想
位相
発行日: 2016-01-31
抄録: ドラッカーは,時代の変化を重要な要因と捉え,変化を積極的に進め,より効率的な社会と企業活動を実現することを,企業及び経営者の社会的責任として認識していた。他方,日本画に対する造詣を持ち,多くの水墨画を収集していた。日本画への理解,認識がどのようにドラッカー独自の経営学の主張と関係するのか。その関係があると仮定するとどのような関係性が存在するのか。本稿はその関係性を,ドラッカーの著述に焦点を絞り考察する。
URI: http://hdl.handle.net/11078/251
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2015_15-25.pdf308.78 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください