DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
01. 論叢・文学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/26

タイトル: ヤスパースにおける〈実存倫理〉の問題:「法則」の普遍妥当性と「自己存在」の歴史的一回性
その他のタイトル: Die Problematik der "existentiellen Ethik“ bei Karl Jaspers:Allgemeingültigkeit des "Gesetzes“ und geschichtliche Einmaligkeit des "Selbstseins“
著者: 中山, 剛史
キーワード: 実存倫理
普遍倫理
無制約的要求
普遍妥当性
歴史的一回性
例外者
永遠性
発行日: 2012-3-31
抄録:  ヤスパースにおいて「哲学的倫理学」が成り立ちうるとすれば,それはそのつど 歴史的に一回限りの状況のうちに立つ「自己存在」に根ざした〈実存倫理〉という性格をもつものと言えよう。これに対して,カントの倫理学は「汝なすべし」という万人に 普遍妥当的な要求を課す〈普遍倫理〉であると言いうる。本稿では,こうした〈実存倫理〉と〈普遍倫理〉,「法則」の 普遍妥当性と「自己存在」の 歴史的一回性との関係を明らかにしてゆきたい。  まず,われわれはヤスパースの初期の著作『世界観の心理学』(1919)において,カント倫理学における「普遍妥当性」が両義的なものと解釈されていることを指摘する。すなわちそれは,(1)倫理的命法の「形式」の普遍妥当性と,(2)倫理的命法の「内実」の普遍妥当性である。それに続いて,われわれはヤスパースの主著『哲学』(1932)の第二巻『実存開明』に目を向けるが,ここでは,「法則の自由」と「実存的自由」とを明確に対比させる。「実存的自由」は歴史的一回性において「かくなさざるをえない」という 内的必然に従うものであり,それは実存の「無制約的行為」と深く結びついている。上記の二つの自由の関係には,次のような二つの様相がある。一つは①実存の無制約性が「 法則」 や「 当為」 と本来的な自己存在との一致によって実現される場合,二つ目は②実存の無制約性が普遍的に固定化された「法則」を 突破することによって,実現される場合である。後者は,「 実存的な当為」の意識をもって,普遍的な倫理的法則を突破する「例外者」の場合である。しかし,ここにもかろうじて当為の「形式」という意味での 普遍性の契機は残っている。とはいえ,ここで真に重要となるのは,「普遍妥当性」という尺度よりも,むしろ〈歴史的一回性における永遠性〉という新たな尺度であろう。それは「汝はこのことを永遠に欲しうるか?」というニーチェ的な問いに表わされるものであろう。
URI: http://hdl.handle.net/11078/26
ISSN: 0286-8903
出現コレクション:01. 論叢・文学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1_2011_141-163.pdf471.08 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください