DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
07. 芸術研究:芸術学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/318

タイトル: 大学における専門科目としての演劇教育とジェンダー ―先行研究分析とダンス教育におけるジェンダー研究との比較―
その他のタイトル: Theatre Education and Gender in Specialised Subjects in the University ―Leading Research Analyses and Comparison of Research in Gender and Dance Education―
著者: 松村, 悠実子
キーワード: 演劇
演技
ダンス
大学
教育
ジェンダー
フェミニズム
発行日: 2016-03-31
抄録:  拙稿(松村、2014)で、大学における専門実技科目としての「演技」の授業の際、女子学生達は「かわいい」という「キャラ」を保持しながら、同時に演劇の「キャラクター」を演じるという言わば演技の二重構造が見られるということを明らかにした。引き続き「演技」の教育におけるジェンダーの影響を考えるにあたり、今回は先行研究分析を主軸として、このテーマに取り組む。まずはじめに、これまでの演劇とジェンダー及びフェミニズムの関係、また演劇教育におけるジェンダーについての研究を概観する。次に、同じく上演芸術であるダンスが、教育の分野においてジェンダー的視点によってどのような研究がなされてきたか、演劇のそれと共に比較検討する。まとめとして今後大学の専門実技として演技を指導する際、ジェンダーをどのように考えていくべきかを提示する。
URI: http://hdl.handle.net/11078/318
ISSN: 1881-6517
出現コレクション:07. 芸術研究:芸術学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6_2015_29-40.pdf341.99 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください