DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
07. 芸術研究:芸術学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/320

タイトル: 高等学校の音楽Ⅰにおけるウクレレ指導についての一考察 ―授業実践と事前事後アンケート調査を基に教育楽器としての可能性を探る―
その他のタイトル: A Study of Ukulele Instruction in High School’s“ Music I” ―Exploring the Possibility of the Educational Use of an Instrument Based on the Teaching Practice and Pre/Post Questionnaires―
著者: 佐藤, 雄紀
キーワード: ウクレレ
高等学校
音楽Ⅰ
楽器
アンケート
学習指導要領
発行日: 2016-03-31
抄録:  本研究は、高等学校の音楽Ⅰにおけるウクレレ指導の可能性を、授業実践と事前事後アンケート調査を基に検討したものである。生徒はウクレレを難しいと感じたり、挫折を経験したりしたが、最終的には9割を超える生徒が、楽しかった、音色が好きだ、他の曲にも挑戦してみたいと回答した。実践と調査を用いて、多角的にウクレレの持つ可能性を探った。
URI: http://hdl.handle.net/11078/320
ISSN: 1881-6517
出現コレクション:07. 芸術研究:芸術学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6_2015_53-68.pdf777.35 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください