DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
06. 論叢:教育学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/348

タイトル: 国際教育の中で音楽が果たせる一例 ―東アジアの民謡を教材とする授業の提案―
その他のタイトル: The Instance Music Achieves in the International Education: The Case of the Class Using Folk Song in East Asia
著者: 久保, 紘子
キーワード: 民族音楽
民族音楽教育の課題
歌唱教材
東アジアの民謡
発行日: 2016-03-31
抄録:  義務教育の音楽科に「民族音楽」が取り入れられてから10 数年が経った。しかし,民族音楽を学校で取り扱うには課題も多い。民族音楽を将来の教育現場を担う現教育学部の学生にどう伝えるのか。民族音楽教育に前向きに取り組んでもらうためにどのようにすればよいのか。  筆者が実際に行った中学校・高等学校での民族音楽授業や小学校・中学校での演奏活動での経験,現教育学部学生へのアンケートなどをもとに,民族音楽の授業方法を考察した。東アジアの民謡を例にとり,歌唱教材を使用する民族音楽教育を提案する。  民族音楽は他国の文化を知る貴重な資料である。音楽科以外での展開の可能性も示す。
URI: http://hdl.handle.net/11078/348
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:06. 論叢:教育学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2015_151-169.pdf620.09 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください