DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/354

タイトル: 中小企業経営者の支配的論理の利用 ―長野県諏訪地方の中小企業の事例分析―
その他のタイトル: The Dominant Logic of Top Management on Small and Medium Corporations in Suwa area of Nagano Prefecture
著者: 芦澤, 成光
キーワード: 支配的論理
戦略
中小企業
諏訪地方
コミュニケーション
発行日: 2016-03-31
抄録:  企業戦略を分析する際に,制度論的・経済学的分析が一方に存在する。他方,経営者の主観的な価値観に基づく戦略の形成を分析する研究が存在する。行動科学的もしくは実践的分析視点と言ってよいだろう。従来の研究では全社による研究が中心であった。後者の研究は十分な内容にはなっていなかった。本稿では,この後者の視点から戦略の形成がどのように行われているのかを分析する。分析視点としては認知的な視点による研究である。その研究視点から,長野県諏訪地方の中小企業の分析を行っている。
URI: http://hdl.handle.net/11078/354
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2015_1-14.pdf364.55 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください