DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
09. 観光学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/366

タイトル: 日本統治期台湾のツーリズム再考
その他のタイトル: Reconsideration of Tourism in Taiwan under Japanese Rule
著者: 曽山, 毅
キーワード: 日本統治期台湾
台湾総督府
ツーリズム
修学旅行
発行日: 2016-03-31
抄録:  本稿は日本統治期(1895 ~ 1945)台湾におけるツーリズム形成に関する筆者の研究を再考したものである。『植民地台湾と近代ツーリズム』(曽山,2003)では日本統治期台湾におけるツーリズムの形成に関して明らかにしたが,台湾人の旅行の実態には言及できなかった。そこで,植民地台湾で生活していた台湾人に対してインタビューを行なった。このインタビューから多くの台湾人が教育機関主催の修学旅行を行なっていたことが分った。これらの修学旅行は台湾人の旅行経験を形作ることに役立った。インタビューによるこの研究はさらなる修学旅行に関する探求に結びつき,それは帝国日本という枠組みを浮かび上がらせることになった。
URI: http://hdl.handle.net/11078/366
ISSN: 2188-3564
出現コレクション:09. 観光学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
8_2016_65-77.pdf431.98 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください