DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
06. 論叢:教育学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/367

タイトル: 通信教育における図書館司書課程カリキュラムの問題点と改善案 ―情報サービス演習科目受講生の声にもとづく授業改善に向けて―
その他のタイトル: Problems and Improvement of Curriculum in E-learning Course of Librarianship: Based on an Evaluation Questionnaire by Students of Information Service Exercise Class
著者: 仁上, 幸治
キーワード: 図書館司書
司書課程
通信教育
カリキュラム
スクーリング
授業改善
発行日: 2016-03-31
抄録:  通信教育の図書館司書課程におけるスクーリング集中授業の担当講師として初めて担当した情報サービス演習B(情報検索演習)の経験と受講生アンケート集計結果にもとづいて,通信教育独特のコース設計に起因する問題点と改善案を提示した。問題点として,(1)履修順序の混乱,(2)過度な集中履修,(3)パソコン力の格差,という3 点を指摘した。また司書資格の価値を高め,図書館員の社会的地位の向上をめざす立場から,改善案として,(1)履修順序のモデルケースの提示,(2)演習科目の同期間併行履修の制限,(3)履修条件としてパソコン力の明記,(4)パソコン初級者課外講座クラスの設置,(5)パソコン習熟度別クラス分け,(6)告知の時期と方法の改善,の6 点を挙げた。受講生アンケート回答から全記述原文を掲載した。
URI: http://hdl.handle.net/11078/367
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:06. 論叢:教育学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2015_171-194.pdf567.17 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください