DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
03. 農学部研究教育紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/374

タイトル: 玉川大学キャンパス内の伐採木を活用したシイタケ原木栽培
その他のタイトル: Cultivation of Lentinula edodes (Shiitake Mushroom) Using Wood Logs in the Campus of Tamagawa University
著者: 石﨑, 孝之
キーワード: きのこ
原木栽培
里山管理
成型ゴマ
発行日: 2016-09-01
抄録:  本学キャンパス内伐採木を用いた原木シイタケの栽培試験を行った。2011年台風25 号により被害を受けたコナラ風倒木を用いてシイタケ原木を作成し(2012年接種区)、ふた夏経過後に浸水操作を行った。一方、2013年にコナラ健全木を用いてシイタケ原木を作成し(2013年接種区)、ひと夏経過後に浸水操作を行い、子実体発生を比較した。その結果、2012年接種区および2013年接種区の原木1本あたりの子実体収量は、それぞれ68gおよび635gで両者に大きな違いがあった。また、収穫した子実体中のLサイズ以上の構成比は、それぞれ39.0%および61.8%であり、2012年接種区は著しく栽培成績が悪かった。このことから風倒木をホダ木に活用するためには原木の選定と十分なホダ木管理が重要であることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11078/374
ISSN: 2432-2164
出現コレクション:03. 農学部研究教育紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2_2016_5-10.pdf777.34 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください