DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/388

タイトル: 戦略立案における推論(Reasoning or Inference)プロセスの理論的研究
その他のタイトル: On the Theory about Reasoning Process in Formulation of Strategy
著者: 芦澤, 成光
キーワード: 表象
推論
ヒューリスティクス
アナロジー
戦略
発行日: 2017-01-31
抄録:  経営戦略の研究分野では,従来から客観的な分析による研究が中心的位置を占めてきた。その成果には確かに優れたものがある。しかし,独自性を持つ企業の行動を捉えるには,それだけでは十分ではない。独自性を説明するには,その主体となる経営者の認知機能の分析が必要になる。多くの認知プロセスに関する研究成果が出る中で,本稿では経営者の推論プロセスに焦点を当てる研究成果の検討を行っている。特に,アナロジーによる推論とアブダクションの推論の検討を行う三人の論考を検討している。
URI: http://hdl.handle.net/11078/388
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2016_1-15.pdf487.43 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください