DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/400

タイトル: 戦略立案における表象利用についての理論的検討
その他のタイトル: The Representation of Cognitive Process in Strategy Formulation
著者: 芦澤, 成光
キーワード: 戦略
表象
認知プロセス
支配的論理
経営者の成功の理論
発行日: 2017-03-31
抄録:  本論文では,戦略立案における表象に関する代表的な三つの理論を取り上げ,その理論的な側面について検討を行っている。第1に取り上げたのは支配的論理論である。戦略研究の分野では初期に,表象の戦略に与える影響を事例から明らかにしている。第2に取り上げたのが,経営者の成功の理論である。この理論では表象の形成に焦点が当てられ,学習プロセスとしての表象の形成が理論化されている。第3に取り上げたのが,戦略と表象の探索に関するサザール等のモデルである。ここでは,表象が戦略立案に影響を与えることを,モデルのシミュレーションから明らかにしている。
URI: http://hdl.handle.net/11078/400
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2016_1-15.pdf314.65 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください