DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
08. リベラルアーツ学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/41

タイトル: 『催馬楽』「席田」攷―寿歌の背景にみる和歌の歌謡化―
その他のタイトル: A Study of MUSHIRODA from Saibara―A background from a Japanese-style 31―word song“ Waka” to a Japanese Songs and Ballads of celeblation―
著者: 中田, 幸司
キーワード: 催馬楽
席田
大嘗会和歌
紀貫之
表現
発行日: 2013-03-15
抄録: 『催馬楽』「席田」は大嘗会和歌のひとつとして存在し、詠作者を想定するべき歌である。そこには、和歌の歌謡化といった傾向が見出されるとともに、その表現は、紀貫之を筆頭に受容されたと考えられる。この時、『催馬楽』は宮廷人の存在なくしては、成り立たず、必ずしも巷間・民衆から発生したとは言いがたい。
URI: http://hdl.handle.net/11078/41
ISSN: 1882-8647
出現コレクション:08. リベラルアーツ学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
7_2012_29(26)-36(19).pdf1.34 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください