DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
07. 芸術研究:芸術学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/411

タイトル: 3Dプリンターを用いた造形教育の実践的研究
その他のタイトル: A Practical Study about Education on Art and Design with Three-Dimensional Printer
著者: 藤枝, 由美子
林, 三雄
赤山, 仁
キーワード: 3Dプリンター
3D積層造形システム
造形教育
発行日: 2017-03-31
抄録:  本稿は、造形教育の教材としていかに3Dプリンターを導入・展開できるか、実践的に教授法を検討した報告である。デザインや芸術表現の分野において、3Dプリンターは今日デザインや芸術において国内外で活用されている。デザイン教育においても数値データの理解が創造の可能性を広げる。3Dプリンターで出力した作品の造形作品としての精度は未だ発展途上のため、授業での活用については、機械の性能に合った形での課題設定や、適した形体及びサポート材の配置の工夫、長時間の出力に対応可能な環境の整備などが重要なポイントとなる。また、デザインや芸術の造形分野において、これからの時代のニーズに合った教育的効果が期待できる。
URI: http://hdl.handle.net/11078/411
ISSN: 1881-6517
出現コレクション:07. 芸術研究:芸術学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6_2016_101-108.pdf345.74 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください