DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
07. 芸術研究:芸術学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/412

タイトル: 音楽科教員養成における表現力を引き出す指導法 ―ポルトガルの音楽施設カーザ・ダ・ムジカの研修より―
その他のタイトル: The Instructive Method of Drawing the Ability ofExpression for Music Teachers ―From the Workshop Experience in the Musical Facilities Casa da Musica in Portugal―
著者: 渡辺, 明子
キーワード: ワークショップ・リーダー
アウトリーチ活動
音楽科教員養成
発行日: 2017-03-31
抄録:  筆者は東京文化会館の音楽ワークショップ・リーダー(以下WSLと略す)をしている。2016年3月、ポルトガルの音楽施設カーザ・ダ・ムジカ(以下カーザと略す)にて一週間様々な音楽ワークショップ(以下WSと略す)を見学および体験した。WSLとしての技術・指導法はもとより、学校教育とアウトリーチ活動の連携について改めて考えさせられた。これから継続して研究を進めていきたい領域である。  本稿では、研修中に見学した数多くのWSの中から、児童生徒にかかわる1公演に焦点を当て、WSLとしての技術・指導法と音楽科教員養成での指導法についての共通点をあげ、これからの教員養成にいかしていきたいと考える。
URI: http://hdl.handle.net/11078/412
ISSN: 1881-6517
出現コレクション:07. 芸術研究:芸術学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6_2016_117-122.pdf280.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください