DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
07. 芸術研究:芸術学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/418

タイトル: 「ダンスを通してコミュニケーションスキルを身につける」ことを重視した授業実践記録 ―逃げないで人と関わり合うための技能の獲得に向けて―
その他のタイトル: A Record on Practices Whose Emphasis is “To Help Students Gain Communication Skills through Dance and Relational Body Work” ―Towards an Empowerment of Individuals for Better Communication Skills―
著者: 楠原, 竜也
キーワード: ダンス
コミュニケーション
パフォーマンス
アイコンタクト
コンタクト
フォローイング
発行日: 2017-03-31
抄録:  この芸術教育記録は、1年次必修科目「身体表現Ⅰ〈ダンス〉」において、「ダンスを通して人と関わり合いながら、コミュニケーションスキルを身につける」ことを重視した授業の実践記録である。授業においての取り組みが、放課後の集中授業を含む実習授業「パフォーマンス」へのファーストステップと位置付けられることが望ましい。
URI: http://hdl.handle.net/11078/418
ISSN: 1881-6517
出現コレクション:07. 芸術研究:芸術学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6_2016_123-131.pdf282.64 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください