DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
06. 論叢:教育学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/480

タイトル: ドイツにおける就学前教育の現状と課題
その他のタイトル: Situations and Problems of Early Childhood Education and Care in Germany
著者: 坂野, 慎二
キーワード: 就学前教育
教育課程
教育要領
児童の権利条約
ドイツの教育
発行日: 2017-03-31
抄録:  児童の権利条約(1989年)によって就学前教育についての関心が高まり,1990年に制定された社会法典第8典は,その後の1992年,2008年の改正によって,就学前教育施設への法的請求権を保護者に認めるようになった。また,2001年の「PISAショック」によって,就学前教育への関心が高まった。こうした流れの中で,就学前教育施設は,法的には福祉施設として位置づけられながら,教育機能を充実させることが求められるようになった。2004年にJMKとKMKで決議された「共通教育枠組」は,こうした流れをドイツ全体で確認したものといえる。しかし,就学前教育の領域での理論的流れは,自己形成アプローチ,状況的アプローチ,共同構成理論といった形で,多様な展開を示している。各州はそれぞれの立場での教育計画を作成しており,ドイツ全体での統一的流れとはなっておらず,多様な教育理念による教育実践が平行して行われている。
URI: http://hdl.handle.net/11078/480
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:06. 論叢:教育学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2016_19-47.pdf416.17 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください