DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
06. 論叢:教育学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/483

タイトル: ユネスコの地球市民教育に関する心理学的分析 ―多元的アイデンティティの形成課題をめぐって―
その他のタイトル: A Psychological Analysis of UNESCO’s Global Citizenship Education: Towards the Formation of Integrated Multiple Identities
著者: 小林, 亮
キーワード: 地球市民教育
地球市民アイデンティティ
心理教育的発達課題
ユネスコスクール
発行日: 2017-03-31
抄録:  国連の「グローバル教育第一イニシアティブ」(GEFI)に基づくユネスコの地球市民教育(GCED)において最重要の教育課題は,人類全体を自分の「内集団」として捉えることのできる地球市民アイデンティティの育成にある。本論文は,多元性,当事者性,寛容性を特色とする地球市民アイデンティティの発達条件を,ユネスコスクールにおける教育実践とも関連づけながら,心理教育的発達課題として位置づける試みである。
URI: http://hdl.handle.net/11078/483
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:06. 論叢:教育学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2016_1-18.pdf376.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください