DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/49

タイトル: インド自動車産業における部品サプライヤーの競争力 :3社の事例分析
その他のタイトル: The Competitiveness of Indian Auto Components Suppliers: The Comparative Studies on Three Auto Components Suppliers
著者: 芦澤, 成光
発行日: 2012-07-31
抄録:  インド自動車産業の成長は著しい。その自動車産業の一翼を担う自動車部品産業の成長は、さらに顕著であることが、インド自動車部品工業会の予測で明らかになっている。生産・販売する部品はインド国内向けだけでなく、海外の自動車メーカー向けのものも増えることが予測されているのである。つまり、インド自動車部品産業は、世界の自動車部品の重要な供給元として成長しようとしているのである。その成長を可能にしたのが、日系の自動車メーカーやサプライヤーであったことがインタビュー調査から明らかになった。  本論文では、インド自動車部品産業の3社を取り上げ、その具体的な競争力の状況を明らかにしている。また、日系自動車メーカーとサプライヤーの役割について、インタビュー調査と工場見学調査を通じて明らかにし、一定の結論を提示している。併せてインド自動車部品企業の課題も明らかにしている。
URI: http://hdl.handle.net/11078/49
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2012_1-13.pdf374.08 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください