DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/52

タイトル: 中高年従業員活用
その他のタイトル: Effective Use of the Middle-high Aged Employees
著者: 高千穂, 安長
発行日: 2012-07-31
抄録:  現在、企業を取り巻く環境は厳しさを増しており、従来以上の効率的・効果的な経営活動を行う必要がある。そのために企業は多くの施策を行うが、特に重要なのは、「人」の育成・活用である。  本稿では、「人」に対する経営理論の変遷を、1980年代なかばより人事労務管理から人的資源管理へと「人」への対応が変化したことを踏まえ、採用―教育・訓練―異動―退職という一連の人的資源管理のプロセスについて理論をレビューした。  それを踏まえ、そのような人的資源管理を行っても「活用されない従業員」が出てくる背景について構造的な要因を明らかにし、活用されない従業員の多くは、40代以上の中年・高年従業員であることを明らかにした。  以上から企業にとって「人」の活用は重要であるが、その中でも、中年・高年従業員の活用について、より詳細な研究が必要であり、そのために事例研究として、中年・高年従業員と30代以下の若年・中堅従業員との違いの明確化、中年・高年従業員の活用好事例の分析が求められることを明らかにした。
URI: http://hdl.handle.net/11078/52
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2012_49-58.pdf639.69 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください