DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
01. 論叢・文学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/68

タイトル: 外国語学習観と「共通知識」としてのディスコース―責任無き言説の循環構造に対応するには―
その他のタイトル: Foreign Language Learners’ Beliefs and Public Discourse as ‘Common Knowledge’―A Critical Approach to the Circular Structure of Discourses―
著者: 小田, 眞幸
キーワード: 言語学習観
共通知識
ディスコース
マスメディア
発行日: 2013-03-31
抄録: 本稿では学習者の外国語学習観の形成において,社会における外国語学習についての共通知識がどのような要因が影響を与えるのかという点について論じる。まず基本概念である「パブリックディスコース」「外国語学習観」の定義を確認した後,ニューマン他(1992)の「共通知識」(Common Knowledge)の概念を日本にける英語教育のディスコースに当てはめながら論じた後,筆者が大学生を対象に行ったパイロットスターディーの中のアンケート調査の結果をもとに被験者の「共通知識」の概要を示しながら学習者の外国語学習観形成との関係を論じ,外国語学習を成功させるために必要で十分な情報へのアクセスの重要性について言及する。
URI: http://hdl.handle.net/11078/68
ISSN: 0286-8903
出現コレクション:01. 論叢・文学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1_2012_89-100.pdf1.44 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください