DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
05. 教育学部 >
論叢:玉川大学教育学部紀要 >
17 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/683

タイトル: 社会科・観光学習を通して島の発展につながる人材育成 ―沖縄県石垣島の小学6年生への出前授業と中学生観光シンポジウムを振り返って―
その他のタイトル: Thinking about the Development of the Island from Learning about Tourism: Through the Social Studies Delivery Service Class to the Sixth Grade Student in the Elementary School and Tourism Symposium for Junior High School Student
著者: 寺本, 潔
キーワード: 観光振興
観光の動向
離島
観光学習
発行日: 2017-12-25
抄録:  筆者は,沖縄県にある石垣島の小学6年生を対象に授業を行った。石垣島は,観光で有名な島である。1960年代以来,島は観光地として発展してきた。観光の動向を題材に子どもたちが学習することは,島の未来を彼らが担う意味で重要である。筆者は,観光客の層に応じた観光商品を考える,ポジショニング・マップと呼ばれる教材を用いた。その結果,子どもたちの主体的・対話的な学習が実現できた。また,島の中学生を集めた観光シンポジウムを実現に導き,優れた意見を提案してもらった。
URI: http://hdl.handle.net/11078/683
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:17

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2017_37-56.pdf624.95 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください