DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
05. 教育学部 >
論叢:玉川大学教育学部紀要 >
17 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/688

タイトル: 大学生によるノートテイキングとこれまでに受けた指導
その他のタイトル: Students’ Note-taking Styles and Instructed Experiences
著者: 魚崎, 祐子
キーワード: ノートテイキング
有効性認知
方略使用
方略指導
発行日: 2017-12-25
抄録:  大学生を対象に,日頃どのようなノートテイキングを行っているのか,それらに対する有効性をどの程度感じているのか,また日頃行っていたり有効性を感じていたりするノートテイキングについて,これまでに指導や勧めを受けた経験があるのかという調査を行った。その結果,実際の行動と有効性認知との間に相関が見られるとともに,多くの調査項目において両者の評定には有意な差が見られるということもわかった。全体的には有効性認知の評定の方が高い項目が多く,有効性を感じていても,実際には行っていないところがあると考えられた。一方,数は少ないが有効性に疑問を感じつつも行い続けている行動も見られた。また今回扱ったノートテイキングの項目について指導を受けた経験としては,学校の教師による指導が最も多かった。しかし,指導を受けたことが行動や有効性認知に影響しているかどうかは項目によって異なっていた。
URI: http://hdl.handle.net/11078/688
ISSN: 1348-3331
出現コレクション:17

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
5_2017_173-185.pdf242.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください