DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
01. 論叢・文学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/69

タイトル: 幸田延のウィーン留学
その他のタイトル: Studium in Wien von Nobu Koda
著者: 平高, 典子
キーワード: 幸田延
ウィーン
洋楽受容
発行日: 2013-03-31
抄録: 幸田延(1870―1946)は音楽取調掛(のちの東京音楽学校)で学んだのち,第1回文部省音楽留学生として,1889―90年ボストンで,1891―1895年ウィーンで研鑚を積んだ。ウィーンでは,ウィーン音楽院に入学し,ヴァイオリンを主専攻に,和声学,作曲,ピアノなどを学んだ。途中休学もしたが,最終的にはすべての教科を「1(優)」で修了し,「Reife」を取得し卒業した。当時のウィーンは,世紀転換期を迎えて,文化的に非常に成熟した時期にあり,音楽的にも充実していた。延は音楽院の内外で研鑚を積み,また自らも積極的に現地の生活にとけこんで,当時の西欧の音楽をリアルタイムに吸収し,日本に持ち帰り,日本の音楽界に演奏家として,教育者として,多大な影響を与えた。また彼女がローベルト・フックスのもとで作曲したヴァイオリン・ソナタは,日本人による初のソナタ形式による器楽曲である。
URI: http://hdl.handle.net/11078/69
ISSN: 0286-8903
出現コレクション:01. 論叢・文学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1_2012_101-121.pdf1.69 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください