DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
04. TAPセンター >
玉川大学TAPセンター年報 >
第3号 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/691

タイトル: 地域教育施策としてのアドベンチャープログラムの活用と効果について ―古座川アドベンチャープログラム(KAP)の計画と実践を通して―
その他のタイトル: Utilization and effect of Adventure Program as regional education policy: Through the plan and practice of Kozagawa Adventure Program (KAP)
著者: 大山, 剛
住吉, 友樹
鈴木, 祐穂
キーワード: KAP
地域社会
教育委員会
教育振興施策
質問紙調査
SWOT分析
発行日: 2018-03-10
抄録:  本研究は、地方自治体において実施されたアドベンチャープログラムの実践が、学校や児童にどのような効果をもたらすのかを明らかにすること、そしてその検証内容を基にして、その後の教育目標や施策を検討・設定することを目的としている。  具体的には、今年度までのプログラム実施後に、質問紙とインタビューによって児童と教員を対象に調査を進め、その結果から導き出された内容に加え、古座川町の現況における「学校教育・社会教育に関連する強み・弱み・脅威・機会」を分類して、SWOT分析を実施した。その結果、強み5領域13項目、弱み5領域9項目、機会4領域9項目、脅威4領域8項目が明らかになり、さらにそれらの項目のクロス分析から1.「Strengths(強み)を活かしてOpportunities(機会)を最大化する計画」、2.「Strengths(強み)を最大限に活用することでThreats(脅威)からの影響を最小限に押さえ込む計画」、3.「Weakness(弱み)を最小化するためにOpportunities(機会)を最大限に活かす計画」、4.「Weakness(弱み)とThreats(脅威)のマイナス要素を最小限に留めるための計画」を明らかにした。  こうした手続きをもとに4つの成果目標として「1.KAPによる学校教育への働きかけ(仲間づくり)2.KAPによる社会教育への働きかけ(仲間との体験づくり)3.KAPに関する人材・団体の育成及び支援(人づくり)4.個人記録を基にした継続的な児童生徒の状況把握」をまとめ、8の基本施策とともにKAPの今後に必要であることを確認した。
URI: http://hdl.handle.net/11078/691
ISSN: 2424-0206
出現コレクション:第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
41_2017_17-38.pdf583.96 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください